「光の測定」のことならマルマツビューロー株式会社

COMPANY

COMPANY

沿革




昭和63年
(1988) 4月
◯
エルコムソフトウェア株式会社設立
静岡県清水市(現静岡市清水区)
資本金500万円 コンピュータソフトウェア開発を主な事業とする


平成2年
(1990) 4月
◯
自動車用ランプ配光測定システム[第一版]
完成
自動車用ランプ配光測定システム[第一版]


平成3年
(1991) 7月
◯
業務拡張に伴い、本社を静岡市駿河区栗原に移転
 静岡市駿河区栗原に移転


平成9年
(1997) 1月
◯
自動車用ランプ配光測定システム[第二版]
完成

自動車用ランプ配光測定システム[第二版]


平成9年
(1997) 11月
◯
社名をマルマツビューロー株式会社に変更する
マルマツビューロー


平成11年
(1999) 1月
◯
自動車用ランプ配光測定システム[第三版]
完成

自動車用ランプ配光測定システム[第三版]


平成13年
(2001) 1月
◯
超高速インテリジェント照度計(MLX-2000A)
完成

弊社で初めて開発した、高速高機能照度計
配光測定において、回転台(ゴニオメータ)の回転を停止することなく、測定できる、画期的な照度計です。これ以降の照度計で「超高速」とはこれを意味します。
MLX-2000A


平成14年
(2002)10月
◯
光学設備事業の拡充計画開始


平成15年
(2002)2月
◯
配光測定プログラム(第四世代)WMV4
完成リリース開始



配光測定プログラム(第四世代)WMV4


平成18年
(2006)12月
◯
再帰性反射光測定システム完成
反射器(Reflex Reflector)、反射シートの測定

縦型ベンチ

コントローラ(MOVC-2006)


MRX-2006EXE



平成20年
(2008)3月
◯
超高速ワイドレンジ照度計(MLX-2008G)完成

1000から0.00001Luxの広範囲な照度測定が
できます


MLX-2008G



平成22年
(2010)10月
◯
超高速マルチ表示照度計(MLX-06GW)完成

照度だけでなく、測定距離に応じた光度を
同時表示できます


MLX-06GW
 


平成23年
(2011) 9月
◯
LEDヘッドランプ製造ライン用レンズ検査装置 完成

自動車用LEDヘッドランプの増加に伴い、
増産される凸レンズを製造ラインで検査する装置を開発しました。


平成25年
(2013) 9月
◯
静岡県建設業許可、静岡市電気工事業届出
建設業の許可票

登録電気工業者届出済票


平成28年
(2016) 8月
◯
PWM点灯ランプ対応照度計改良版
(MPW-2016W)
完成


PWM(パルス幅変調)で点灯制御されたランプ
でも、光測定することができます


MPW-2016W



平成29年
(2017) 3月
◯
静岡県工業技術研究所と共同開発でゴニオメータ
(M型回転台)を開発完成する



静岡新聞2017年9月16日掲載
静岡新聞2017年9月16日掲載

平成30年
(2018) 4月
◯
設立30周年を迎える
創立30周年記念式典
創立30周年記念祝賀会創立30周年

令和1年
(2019) 5月
◯
新社屋完成に伴い、本社を静岡市清水区御門台に移転
マルマツビューロー本社前マルマツビューロー外観

令和2年
(2020) 1月
◯
ISO/IEC 17025校正機関としての認定を受ける認定証
 ↓
 

会社概要

CONTACT

光の測定に関するご相談は、
お気軽にお問い合わせください。

お電話のお問い合わせ受付時間
平日 9:00〜18:00

054-348-7500

ページの先頭に戻る